薬剤師求人募集.jp

薬剤師の合格率

薬剤師の国家試験資格とは、6年制の薬剤師養成課程を修了することが前提ですが、薬剤師の資格取得するための試験の合格率とは、一体どのぐらいなのか?

薬剤師になるために、国家試験取得に向け教育機関での教育を受けることになりますが、個の薬学を学ぶ教育機関により、合格率が異なるという情報もあります。 それというのも、国立大学で薬学を6年学んだ方より、私立大学で薬学を学び受験資格を得て受験された方の方が、合格率が高いという事なのです。 つまり国立より私立で薬学を学ぶ方が、合格率が高いという事。

なぜこんな違いが生まれるのか? この問題のからくりは、受験者の選別があるということもひそかにささやかれているように、受験して合格しそうになり人は、受けさせない。 つまり卒業を延期させるとか、留年させるとか、そういった動きにより私立の合格率が国立より合格率を上げているという声もあるのです。

また受験をさせる前に模試を行いその結果により国家試験を受けさせるという大学もあるらしく、私立が国立より合格率が高いという背景には、このようなからくりがあるからだといえるでしょう。 しかしながら、確実にこのような事があるとは、断言できず、このような受験者の選別が行われているか否かは、皆さんの想像にお任せしますが、薬剤師を目指すにあたり、合格率を大学選びにする事は間違いであることだけをお伝えします。

薬剤師の合格率の調査してみると、ストレートで合格した合格率は平均およそ85%。 新卒者合格率は、およそ91%。 受験者数はおよそ2500人前後で合格率は平均して90%ということになりますから、合格率は高めと言えます。

最近は、薬剤師教育制度が変更となり薬科大学が続々と増えつつありますが、ある調査では、その新しい薬科大学の合格率は高いということで紹介されていましたが、実際の合格者数を調べてみると実は新しく設立された大学は合格率が低く、合格率ランキングとして調査してみたところ、全く合格率が高くはありませんでした。

薬剤師の国家試験合格率は、平均にしても高めであるとは言えるものの、合格率の高さで薬剤師教育を受ける大学を選ぶのは、やめるべきだという事なのです。 やはりみなさん、薬剤師としての資格を取得すべく、その教育機関には合格率が高い大学を選ぶ傾向が強く、合格率が高いところで学べば合格できると思う傾向が強いだけに、合格率の高さの裏には、色々なからくりがあるのだという事を踏まえ、大学選びを慎重に検討していただきたいのです。


薬剤師の転職なら!人気のエージェントランキングをご紹介!!

サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
転職業界のパイオニア企業であるリクルートグループが運営する「リクナビ薬剤師」が全国各地
 に渡る幅広い求人情報網と、長年培ってきた利用者目線のサービスを武器に堂々の人気1位に輝く!
97%以上の利用者が希望条件の転職に成功するなど、その実績は群を抜いています。
■「土日休み」「18時退社、残業なし」「通勤20分以内」など、多くの方が希望の転職を叶えています♪
好条件の非公開求人数はなんと35,000件!無料登録でその全てが閲覧できるようになります。
■求人先の人間関係や休暇取得率など、職場の裏側も前もって教えてくれるのは嬉しいところです。
■グループ全体で年間100万人以上の転職支援をしているリクルートグループならではサービスは
 試して損はないと言えるでしょう。まずは、すぐにできる無料登録からスタートしましょう!


>>>公式申し込みページへ進む

 >> ランキングの詳細(5位まで)をトップページでチェックしよう!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 薬剤師求人募集.jp All Rights Reserved.
[薬剤師の求人について] 管理薬剤師 女性薬剤師 男性薬剤師 病院薬剤師 求人情報 求人倍率 高収入案件 再就職 転職理由 面接ポイント 履歴書の書き方
[薬剤師の資格] 薬剤師になるには 業務内容 合格率 国家試験 資格の基礎知識 受験資格 難易度 免許の取り消し
[薬剤師の待遇] 時給 年収1000万円の事例 年収700万円の事例 ボーナス 手取りはどれくらい? 初任給 退職金 年収・給与 年収相場
[薬剤師の働き方] 公務員 治験 単発の仕事 土日休み 非常勤 夜間 アルバイト 派遣
[薬剤師の悩み] 薬剤師とうつ病 薬剤師と年齢 スキルアップ ストレス やりがい 結婚 退職時のポイント 悩みあれこれ 服装 離婚率 労働時間 辞めたいときは?
[地域別の薬剤師求人事情] 東京の求人 神奈川の求人 千葉の求人 埼玉の求人 名古屋の求人 大阪の求人 岡山の求人 広島の求人 福岡の求人
[薬剤師関連コラム] 海外で薬剤師をする場合 脱サラして薬剤師になる場合 認定薬剤師について 薬剤師と臨床検査技師 向いている人・向いていない人
薬剤師のワークショップ 薬剤師の欠格事由 薬剤師の研修 薬剤師の将来性 薬剤師の人口はどれくらい? 薬剤師の男女比率 薬剤師の年金
薬剤師の罰金・罰則 薬剤師の不足地域 薬剤師の服薬指導
[北海道・東北] 札幌 仙台 いわき [東京] 世田谷 練馬 [関東] 横浜 川崎 さいたま 川口 千葉 宇都宮 水戸 高崎 [中部] 新潟 浜松 静岡 金沢 富山 岐阜 長野 名古屋 [近畿] 大阪 京都 神戸 和歌山 四日市 [中国・四国] 岡山 広島 福山 松山 高知 高松 [九州・沖縄] 福岡 北九州 熊本 鹿児島 長崎 大分 那覇